新卒採用.jpトップ > 相談掲示板 > コロナによる海外在住社員の入国延期について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

コロナによる海外在住社員の入国延期について

投稿日:2021/05/18 10:20 ID:QA-0103612

相談中

当社では2021年4月入社予定で、韓国在住の社員を採用しましたが、
コロナの影響で未だ入国ができない状況です。
当初ここまで入国が延長されると思っていなかったため、4月はeラーニングを受講してもらっており、内定者研修の手当として初回給与に上乗せして支給を予定しておりました。
ただ、この先も入国が難しい状況となっており、本人も給与がない状態が続いており、研修も長期化してきていますので、韓国にいる状態で入社させたほうがよいと考えています。
その場合、住民税や健康保険、厚生年金、雇用保険についてどのように手続きをすればよいのでしょうか。
(日本入国前なので、マイナンバーはなく、日本の住所もありません)

ご教示の程どうぞよろしくお願い致します。

jjjさん  和歌山県  機械(1001~3000人)  回答数:1件 カテゴリ:新卒採用
A

最初からコロナ外勤者

川勝 民雄 /川勝研究所 代表者

▼上陸拒否対象国から解除される時期の目途が付かない現時点で、韓国在住を前提に、リモート勤務が可能かどうか、可能であっても、年単位の長期に亘っても継続雇用に値する仕事量と会社意向の有無で入社させるか否かを決めなければなりません。
▼賃金は、国内源泉所得の支払が国外において行われる場合には、原則として源泉徴収の必要はありませんが、支払者が国内に住所若しくは居所を有する時は、その支払者(御社)がその国内源泉所得を国内において支払ったものと見做して源泉徴収をする必要があります。
▼社会保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険)に就いては、日本の企業から給与の一部又は全部が支払われている場合には継続可能ですが、日本からの海外勤務者ではない「最初からコロナ外勤者」場合は、厚労省への問合せが必要です。
投稿日:2021/05/19 14:18
ご丁寧にご教示頂きましてありがとうございます。社会保険については厚労省にも確認して進めたいと思います。
投稿日:2021/05/20 11:35
新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク