新卒採用.jpトップ > 専門家コラム > 若者たちの変容をどのように受け止めるべきなのか
このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家コラム

若者たちの変容をどのように受け止めるべきなのか

2011-07-12 テーマ: コミュニケーション

いわゆる「ゆとり世代」の台頭が企業の採用担当者や現場管理職の間で話題になるようになって久しくなります。
その間、「ゆとり世代はダメだ、使えない」といった批判的論調から、「いつの時代だって『今時の若いやつらは‥‥』と言われていたじゃないか。事実、私たちだって新人類と呼ばれてたんだ」というような擁護的論調まで、様々な言説が飛び交ってきました。
いったい、どちらの論調が若者たちの変容の本質を言い当てているのでしょうか。
私はどちらの論調にも与しません。
なぜなら、現在の若者たちの変容は時代の変化と正確にリンクしているのではないかと考えているからです。
もし私の考えていることが正しければ、若者たちの変容を本質を探っていくことは、そのまま私たち自身のあり方を考えることに繋がるはずです。

現在の若者たちの変容を表面的に見れば、「ゆとり教育による学力の低下」「社会常識の欠如」「教養のなさ」「上昇志向や意欲の低下」「主体性の欠如」などの特徴をあげつらうことができるでしょう。
さらにマスコミコピー風に言うならば、テレビ離れ、クルマ離れ、バイク離れ、読書離れ、雑誌離れ、新聞離れ、活字離れ、酒離れ、タバコ離れ、プロ野球離れ、スポーツ離れ、映画離れ、ゲーセン離れ、パチンコ離れ、CD離れ、旅行離れ、恋愛離れなど、いわゆる「若者の○○離れ」などを挙げるのがわかりやすいかもしれません。
しかし、それらの一つひとつを取り上げて、「現在の若者たちの学力は低下したのか、していないのか」「若者たちのテレビ離れはインターネットの出現によるものか、それともマスメディアの弱体化によるものなのか」などと検証してみたところで、決して実りある結論は得られないでしょう。

この3.11以後の日本社会の混乱が如実に物語っているように、私たちの企業社会、さらには私たちの生きている社会そのものの構造は、今、大きく変化しようとしています。
原発事故による放射能の影響を最も顕著に受けるのは、私たち大人ではなく乳幼児であるように、この時代の変化の影響を受けてドラスティックな変容を遂げるのは、私たち大人ではなく若者であるはずです。
そうである以上、私たちは彼らの変化の根底にあるものを正確に読み取り、来るべき時代の新たな組織論を模索していかなくてはなりません。

芸術の世界に「前衛」という言葉があります。
これは、もともとは軍隊用語です。
ある日、ある村に突然武装小隊が現れて、村人を皆殺しにしようとします。驚いた村人は必死に反撃を加え、かろうじてそれの撃退に成功します。
それからしばらくは村に平和な時が流れているのですが、皆があの部隊のことを忘れかけた頃、突如大編成の武装部隊がやってきて、今度は完膚無きまでに村民を皆殺しにしてしまいます。
その時、村民の一人は薄れゆく意識の中で、あの武装小隊のことを思い出し、「ああ、あれは前衛部隊だったんだ‥‥」といいながら事切れてしまう。
前衛というのは、そういうポジションにある者のことを言います。
とすれば、現在の変容する若者たちが、来るべき未来の前衛ではないと誰が断言できるでしょうか。

後から巨大な変化の波がやってくる前に、いま、若者たちの変容の本質を分析し、理解しておくこと。
それが、いま私たちのやらなければならないことだと思うのです。

株式会社オフィス・サンタ 代表(日本キャリア開発協会CDA向上研修講師、多摩大総研客員研究員)
新たな時代の変化に対応していこうとするすべての企業様に対し、対処的にではなく、本質的で、より根本的なサービスを提供して参ります。
かつて「山川三太」の名前で劇作家・演出家・俳優をしていた体験と、12万人の学生を相手に就活アドバイザーをしてきた経験を活かし、現在は企業向けに演劇ワークショップを活用したコミュニケーション研修「ドラマメトリクス」を展開しています。

専門家コラムナンバー

 専門家コラムバックナンバー一覧へ

新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク