新卒採用.jpトップ > 専門家コラム > 低リスクで高ポテンシャル人材を採用するには?(VOL.9)
このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家コラム

低リスクで高ポテンシャル人材を採用するには?(VOL.9)

2019-03-12 テーマ: 新卒採用

(株)アスリートプランニングの小池と申します。

 

今回は、『体育会学生の採用支援事例ーpart.3ー』をご紹介いたします。

弊社で採用・教育支援させていただいた実例を基に、リアルな企業様の課題に沿ってお伝えします。

 

※以下のお悩みをもたれている企業様は、ぜひご参照ください。

・ナビからの採用手法を脱却したい

・採用数は若干名だけれど、妥協せず質にこだわった優秀層を狙いたい

・事業や仕事内容で魅力付けをしたいけれど、方法が分からない


 

【MISSION:質にこだわった少数幹部候補の採用を成功させよ!】


 

<会社概要>

業種:専門商社(大型タンカー)
売上高:約200億円
社員数:約100名
募集職種:総合職
採用人数:若干名
 

 

<ご要望>

・100億円規模の大型タンカーを売るための、コミュ力と責任感を持った学生を採用したい

・ナビ採用から脱却したいけどノウハウがないので教えてほしい

 

同社の商材は、大型タンカーを数年かけて販売するビジネスモデル。(全社でも年間1~2台販売するのが妥当。)1つのミスで失注してしまった際のリスクが非常に高いため、コミュニケーション能力と責任感が必要で、顧客の信頼を得られる素養が体育会学生にはあると感じていただき採用支援がスタート。

 

従来は会社規模や安定性がある働き方を主軸にナビ媒体で集客をしていたが、求めている層が集まってこなかった。人事の方が非常に魅力的な方で、人柄で志望度をある程度あげることはできていたものの、事業理解ややりがいへの魅力付けが曖昧になってしまっており、入社後のミスマッチに繋がっていた。

 

<課題>

ナビでは会えない層との接触、採用ノウハウの蓄積

 



 

 

<ご支援結果>

母集団計235名→説明会参加177名→最終選考10名→入社3名

 

★従来のナビ採用手法と比べて、最終選考者が2.5倍に!

★入社理由の一位と二位が事業内容と会社の将来性という結果に!

 

 

【ポイント①:人事の魅力だけではなく、事業への魅力付けに成功】

→選考中に事業&仕事内容の理解促進をするツールを活用

 

グループディスカッションでの活用を想定した、セミカスタマイズプログラムをご提供させていただきました。同社を題材とし、様々な利害関係が交錯するビジネスシーンに近しい状況下でのミッションに挑戦。学生の真の能力を評価しつつ、各事業や部署の魅力と社員の魅力を同時に訴求することが、入社理由の改善に繋がりました。
 

 

【ポイント②:ターゲット選定をした上での他社比較により、マッチング度の向上に成功】

→採用競合となる総合商社との比較分析
 

ターゲットとして、志望先の決まっていない学生や総合商社を志望している学生が挙げられました。マトリックス分解(挑戦⇔安定、自分志向⇔組織志向)と、働き軸の整理(やりがい、収入、転勤リスク、配属リスク)から他社比較を実施し、訴求メッセージを明確にしました。

 

「当人はその存在に気付いていない異なるフィールドで、輝く将来像を提示する」という採用コンセプトを設定。「自分らしくいられる本当の居場所がここにある」というメッセージを発信することで、学生自身の志望度も向上し、更にマッチング度合も高まりました。



 

少人数だけど質は妥協したくない、

従来の方法だとなかなかターゲット層に会えない、

魅力付けや見極めをしっかり社内で体系化したいという売り手市場では、

よくお聞きになる課題です。

 

ぜひ、そういった課題感をお持ちの企業様は再度上記ポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

今回で一旦『体育会学生の採用支援事例』は終了させていただきます。

以上、ご一読いただきありがとうございました。

株式会社アスリートプランニング 新卒採用支援部 マネージャー
寄り添った課題提案を
最年少新卒領域責任者として従事しており、これまでに100社以上の企業様の採用支援をしてまいりました。累計12,000名以上の体育会学生との面談実績をもとに、リアルな学生の動向をお伝えします。採用におけるお悩みを一緒に解決しましょう。

専門家コラムナンバー

 専門家コラムバックナンバー一覧へ

新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク